京都駅から、大覚寺へのアクセス(行き方) おすすめの行き方を紹介します

大覚寺は、
京都市右京区嵯峨にある1200年の歴史 を誇る寺院です。
すごく広くて建物も綺麗で、
写真を撮りながら歩いていると
何時間でもいられるくらい大好きなお寺です。

大覚寺はとても静かな場所で、
京都市内や嵐山駅周辺の賑やかさに疲れた方は、
ここを訪れることをおすすめします。

そこで今回は、
京都駅から、大覚寺へのアクセス(行き方)
おすすめの行き方を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

大覚寺について

 

営業案内

  • 所在地    〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
  • 電話番号   075-871-0071
  • 拝観時間   午前9時〜午後5時(受付は午後4時30分まで)

 

 

 

拝観料金について

  • 大 人:500円
  • 小中高:300円

 

大覚寺周辺の駐車場について
大覚寺周辺には、
多数のコインパーキングがあります。
近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
大覚寺周辺の駐車場

 

 

大覚寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

大覚寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
大覚寺周辺の宿泊施設(ホテル)について アクセスに便利な、おすすめのホテルを紹介します

 

 

 

JR都駅から、大覚寺への行き方①

JR京都駅から、バスで大覚寺バス停へ行きます

JR京都駅の、D3乗り場から出る、
市バス28系統のバスに乗り、
大覚寺バス停で下車します。

 

京都駅バス乗り場

JR京都駅から、バスで大覚寺バス停までの
所要時間は、約55分になります。

運賃は、230円になります。

 

 

大覚寺バス停から、徒歩で大覚寺へ行きます

大覚寺バス停に着いたら、
そのまま、まっすぐ北方向に160mほど
歩きます。

すると目の前に、大覚寺が見えてきますよ。

大覚寺バス停から、大覚寺まで約160mとなり、
徒歩で約2分になります。

大覚寺

 

 

スポンサードリンク




 

JR都駅から、大覚寺への行き方②

JR京都駅からJR嵯峨嵐山駅へ行きます

JR京都駅から山陰線、30 31 32番の
亀岡方面行きの電車に乗り、
嵯峨嵐山駅で下車します。

JR京都駅 山陰線

ここまでの所要時間は、約16分です。
料金は240円です。

JR京都駅から、亀岡方面への時刻表(平日)
JR京都駅から、亀岡方面への時刻表(土曜日)
JR京都駅から、亀岡方面への時刻表(休日)

 

 

人気上昇中の、京都の体験旅行のランキングです。
参考にどうぞ。

 

 

JR嵯峨嵐山駅から、徒歩で大覚寺へ行きます

JR嵯峨嵐山駅に着いたら、
西方向へ向かいます。
そして突き当りを右折して、
300mほど進みます。

すると、目の前にローソンが見えてきますので
そこを左折し、1つめの信号を右折します。

そのまま、300mほど進むと、
1つ目の信号がありますので、
そこを越えて、次の右折できる曲がり角を
右折します。

次の信号を左折して、約200mほど進むと、
大覚寺に到着です。

JR嵯峨嵐山駅から、大覚寺までは
約1.8kmとなり、徒歩で約8分になります。

 

1日30組限定!!
夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?
リゾート体験宿
泊(京都岡崎)

 

 

JR都駅から、大覚寺への行き方③

JR京都駅から、タクシーで大覚寺へ行きます

JR京都駅の中央改札口を出て右側がタクシー乗り場です。

 

JR京都駅 バスターミナル

 

京都駅から、タクシーで大覚寺へ行くと、
所要時間は約30分になります。
運賃は、約¥3,170 ~ ¥3,840になります。

ただ、京都駅からタクシーに乗ると
渋滞に巻き込まれる可能性がありますす。
交通渋滞により、大幅に料金があがる場合があります。

 

 

まとめ

JR京都駅から、大覚寺へ行く方法は、
京都駅からバスで行く方法と、電車で行く方法と
タクシーで行く方法があります。

おすすめは、JR京都駅からバスで行く方法です。

 

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧
京都府のお土産ランキングはこちら

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す