大阪駅から、大阪市中央公会堂へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

大阪市中央公会堂は、
レトロモダンな美しい歴史的建造物です。
大正時代のネオ・ルネッサンス様式の建物で、
国の重要文化財に指定されています。

夜になるとライトアップされ、
その美しさに彩りが加わります。

そこで今回は、
大阪駅から、大阪市中央公会堂へのアクセス方法について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
大阪駅から、大阪市中央公会堂へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
大阪市中央公会堂の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

大阪市中央公会堂について

大阪市中央公会堂は、
文化、芸術、社会活動の場として利用されている、
大正時代のレトロ建築で、
大阪城天守閣とともに大阪市のシンボルになっています。

地下部分は自由に入れます。
展示室とレストランやお土産ショップ、
自販機・トイレ・ベンチなどがあります。

 

 

 

 

大阪市中央公会堂の営業案内について

大阪市中央公会堂の営業案内

  • 住所         〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1-1-27
  • TEL          06-6208-2002
  • 営業時間       9:30~21:30
  • 休業日        第4火曜日(祝日の場合は翌日)
  • 駐車場(9:00~22:00) 15分につき200円
  • 駐車場(22:00~9:00) 60分につき100円

 

 

大阪市中央公会堂周辺の駐車場について
大阪市中央公会堂周辺には、
格安の駐車場もあります。

近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
大阪市中央公会堂周辺の駐車場

 

 

大阪市中央公会堂の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

大阪市中央公会堂周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

スポンサードリンク




 

大阪駅から、大阪市中央公会堂への行き方について① 公共機関で行く方法

大阪駅から、徒歩で御堂筋線梅田駅へ行きます

JR大阪駅から、御堂筋出口を目指します。

改札を出たら左に曲がります。
そのまま真っすぐ進むと、御堂筋北口に出ます。

御堂筋北口を出て、右側の歩道橋方向へ進みます。

すると、右前方に御堂筋線梅田駅 南口の入り口が見えてきますよ。

 

 

大阪では、こんなお土産が人気です

 

 

御堂筋線梅田駅から、御堂筋線淀屋橋駅へ行きます

御堂筋線梅田駅から、
OsakaMetro御堂筋線 なかもず方面行きに乗り、
御堂筋線淀屋橋駅で下車します。

 

御堂筋線梅田駅から、御堂筋線淀屋橋駅までの所要時間は、
約2分になります。
運賃は、180円になります。
電車は、1時間に約20本あります。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

淀屋橋駅から、徒歩で大阪市中央公会堂へ行きます

淀屋橋駅に着いたら、
1番出口から出ます。

すぐを左折すると、横断歩道が見えてきますが、
ここも左折します。

約150m行き、左折して栴檀木橋を渡ります。

橋を渡った突き当りが、
大阪市中央公会堂になります。

 

淀屋橋駅から、大阪市中央公会堂までは、
約350mとなり、徒歩で約5分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

大阪駅から、大阪市中央公会堂への行き方について② 自動車で行く方法

大阪市中央公会堂へのアクセスは、
土佐堀ICからのアクセスも便利です。

 

土佐堀ICから、大阪市中央公会堂までは、
約950mとなり、自動車で約3分になります。

 

 

 

 

大阪市中央公会堂の関連記事について

 

大阪市中央公会堂が立地する、
大阪市の、その他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください。
大阪市の観光スポットについて

 

 

 

まとめ

大阪駅から、大阪市中央公会堂への行き方について、
おすすめの行き方を紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す