京都駅から、彦根城博物館へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

彦根城博物館は、近代的な建物になっています。

能面や屏風などの展示を見た後、
昔からの建物の方の展示のためビルから外に出ると、
藩主の間や侍従の間などの昔の建物も見学できます。

そこで今回は、
京都駅から、彦根城博物館へのアクセス方法について
あらゆる行き方の中から、
おすすめのアクセス方法を紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
京都駅から、彦根城博物館へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
彦根城博物館の関連記事についても紹介していますので、
是非、参考にしてみてください。

 

 

 

 

彦根城博物館について

彦根城博物館の営業案内

彦根城博物館の営業案内

  • 住所        〒522-0061  滋賀県彦根市金亀町1-1
  • 電話番号      0749-22-6100
  • 営業時間      8:30~17:00 (入館は16:30まで)
  • 定休日       12月25日~12月31日 資料の展示替えまたは整理の期間
  • 駐車場       なし 近隣のコインパーキングを利用

 

 

彦根城博物館周辺の駐車場について
彦根城博物館の専用駐車場は、
ありません。
彦根城博物館周辺には、
多数の格安コインパーキングがあり、
事前予約が可能です。
事前に予約しておくと便利ですよ。
彦根城博物館周辺の駐車場

 

 

彦根城博物館の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

彦根城博物館周辺の宿泊施設で最も人気があるのが、
以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

 

 

彦根城博物館の料金について

彦根城博物館の料金について

  • 大人   500円
  • 中学生  250円
  • 小学生  250円

 

 

 

 

彦根城博物館の料金について(30名以上)

  • 大人   450円
  • 中学生  170円
  • 小学生  170円

 

 

 

 

彦根城博物館の料金について(100名以上)

  • 大人   400円
  • 中学生  145円
  • 小学生  145円

 

 

 

 

彦根城博物館の料金について(300名以上)

  • 大人   350円
  • 中学生  120円
  • 小学生  120円

 

 

こちらの記事もご覧ください
彦根城博物館の料金は?できる限り安く!! 割引きクーポンはあるのか? チケットを安く手に入れる方法

 

 

スポンサードリンク




 

 

京都駅から、彦根城博物館への行き方について

京都駅から、彦根駅へ行きます

京都駅から、
JR琵琶湖線 米原・野洲方面行きに乗り、
彦根駅で下車します。

 

京都駅から、彦根駅までの所要時間は、
約50分になります。
運賃は、1170円になります。
電車は、1時間に約7本あります。

 

 

阪急旅マガに登録して、
旅行に関する豪華賞品がが当たります。
阪急交通社 キャンペーン

 

 

彦根駅から、徒歩で彦根城博物館へ行きます

彦根駅に着いたら、西口から出ます。

後は、まっすぐ進むだけです。

約800m行くと、彦根城博物館が見えてきます。

 

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

滋賀県では、こんなお土産が人気です

 

 

彦根城博物館の関連記事について

 

京都駅から、彦根城博物館へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

大阪駅から、彦根城博物館へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

彦根城博物館の料金は?できる限り安く!! 割引きクーポンはあるのか? チケットを安く手に入れる方法

 

彦根城博物館が立地する、
湖東地区の
その他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください。
湖東地区の観光スポットについて

 

 

 

まとめ

京都駅から、彦根城博物館へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみてください。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す