大阪駅から、黒門市場へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

黒門市場は、
大阪市の中心部、ミナミにある商店街です。

元々魚市場であったのが生鮮食品など扱い品が増えて、
海外観光客が目玉としている観光名所となっています。

食い倒れ大阪に相応しいスポットです。
買い物をしなくても通るだけで楽しいです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
大阪駅から、黒門市場へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
黒門市場の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

黒門市場について

黒門市場の営業案内について

黒門市場の営業案内

  • 住所       〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋2-4-1

 

 

黒門市場の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

スポンサードリンク




 

 

大阪駅から、黒門市場への行き方について①

黒門市場へのアクセス方法は、

  • 地下鉄堺筋線 日本橋駅10番出口より徒歩すぐ
  • 地下鉄千日前線 日本橋駅10番出口より徒歩すぐ

になります。

 

 

 

 

JR大阪駅から、徒歩で東梅田駅へ行きます(乗り換え)

JR大阪駅に着いたら、
まずは、桜橋出口に向かいます。

桜橋出口の改札を通り、
すぐを左折し、中央南口を目指し直進します。

中央南口への案内板が見えてきますので、
この通りに右折します。

そのまま真っすぐ進むと、
エスカレータが見えてきますので、
ここを降ります。

エスカレータを降りたら、左折します。
そして、すぐを右折し、すぐを左折です。

案内表示板で「地下鉄谷町線 東梅田駅はこっち」みたいな
表示が出ていると思うので、
それを頼りに地下へ進んで下さい。

 

徒歩、約10分になります。

 

 

大阪では、こんなお土産が人気です

 

 

東梅田駅から、南森町駅へ行きます

東梅田駅から、
OsakaMetro谷町線 八尾南・喜連瓜破方面行きに乗り、
南森町駅で下車します。

 

東梅田駅から、南森町駅までの所要時間は、
約2分になります。
電車は、1時間に約10本あります。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

南森町駅から、日本橋駅へ行きます

南森町駅から、
OsakaMetro堺筋線 天下茶屋方面行きに乗り、
日本橋駅で下車します。

 

南森町駅から、日本橋駅までの所要時間は、
約7分になります。
電車は、1時間に約9本あります。

 

 

 

 

日本橋駅から、徒歩で黒門市場へ行きます

日本橋駅に着いたら、
10番出口から出てください。

すると、左側に黒門市場が見えてきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

大阪駅から、黒門市場への行き方について②

JR大阪駅から、徒歩で西梅田駅へ行きます(乗り換え)

JR大阪駅の桜橋口から出ます。

目の前の階段を降りてください。

 

階段を降りて右折です。
四つ橋線の案内板も出ています。

そのまま真っすぐ行き、
ここを案内通りに四つ橋線方面へ右折します。

すると、すぐ目の前に、
西梅田駅の降り口専用改札が見えてきます。

更にまっすぐ進むと、
西梅田駅が見えてきます。

 

JR大阪駅から、西梅田駅までは、
徒歩で約5分になります。

 

 

 

 

西梅田駅から、なんば駅へ行きます

西梅田駅から、
OsakaMetro四つ橋線 住之江公園・北加賀屋方面行きに乗り、
なんば駅で下車します。

 

西梅田駅から、なんば駅までの所要時間は、
約7分になります。
電車は、1時間に約10本あります。

 

 

 

 

難波駅から、日本橋駅へ行きます

難波駅から、
OsakaMetro千日前線 南巽方面行きに乗り、
日本橋駅で下車します。

 

難波駅から、日本橋駅までの所要時間は、
約1分になります。
電車は、1時間に約6本あります。

 

 

 

 

日本橋駅から、徒歩で黒門市場へ行きます

行き方①を参考にしてください。

 

 

 

 

黒門市場の関連記事について

 

黒門市場が立地する、
大阪市の、その他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください。
大阪市の観光スポットについて

 

 

 

まとめ

大阪駅から、黒門市場への行き方について、
おすすめの行き方を紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す