難波駅から、道頓堀へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

大阪と言えば、道頓堀!!

と言うくらい、大阪を代表する観光スポットです。
心斎橋から戎橋を抜け、
水都大阪のメインスポット道頓堀があります。

グリコのネオン看板は、
あまりにも有名な撮影ポイントです。

難波駅は、道頓堀へのアクセスにピッタリです。

そこで今回は、
難波駅から、道頓堀への行き方について
分かりやすく紹介していきます。

 

 

 

スポンサードリンク




 

難波駅から、道頓堀へ行く手段について

難波駅から、道頓堀に行く方法は、
①徒歩で、JRなんば駅→道頓堀へ行く方法、
②徒歩で、御堂筋線なんば駅→道頓堀へ行く方法、
③徒歩で、南海難波駅→道頓堀へ行く方法、

があります。

 

 

【日本旅行】AIRやJRとホテルがセットでお買い得!
ネット限定ツアー

 

 

難波駅から、道頓堀への行き方について①

JR難波駅から、徒歩で道頓堀へ行きます

JR難波駅に着いたら、
改札を出て、そのまま進行方向に進んで、
地下通路へ出るとムービングウォークがあります。

 

 

それに乗って地下鉄四つ橋線なんば駅を右に見て、
そのまま地下ショッピング街なんばウォークを歩きます。

御堂筋線なんば駅に着くと、
左へ回り 地下通路を(北へ)進んで下さい。

右側の14番出口から道頓堀グリコ看板まではすぐです。

 

 

14番出口から、
要時間は約4~5分です。

 

JR難波駅から、道頓堀は一番遠いです。

 

 

ポイント① 道頓堀の駐車場について
道頓堀へは、公共機関を利用した方が良いですが、
自動車で行かれる方も多いですよ。
自動車で行かれる場合のポイントは、
駐車場です。
確実に駐車するには、予約するのが便利です。
近くから満車になっていくので、
予約して利用すると便利ですよ。
道頓堀周辺の駐車場

 

 

 

難波駅から、道頓堀への行き方について②

御堂筋線なんば駅から、徒歩で道頓堀へ行きます

御堂筋なんば駅の14番出口を出れば、

道頓堀橋まで、ほんの100メートルほどです。

 

道頓堀の地図2
画像引用 http://www.domusu.jp/kankou.html

 

 

この方法が近いです

 

 

スポンサードリンク




 

難波駅から、道頓堀への行き方について③

南海難波駅から、徒歩で道頓堀へ行きます

南海難波駅に着いたら、そこは3階だと思いますので、
進行方向いちばん前の改札(ホームと同じフロアにある改札)を出て、
左側(南海本線側)の階段・エスカレーターで1階まで降りてください。

 

 

1階に降りたら、そのまま前へ進み駅構内から出ましょう。

駅構内から出て右方向に進むと、
高島屋大阪店の正面玄関があり、
その前に横断歩道があります。

 

 

その横断歩道を渡ると、
2つのアーケード付きの商店街がありますが、
そのうちの向かって左側(なんばマルイに近い方)の
「戎橋筋商店街」をまっすぐ進んでください。

そのまま進み(途中に千日前通の信号を渡る)、
アーケードが切れるあたりが道頓堀川(戎橋・通称ひっかけ橋)
を含めた道頓堀界隈になります。

 

この方法も、けっこう遠いです。

 

 

お勧めの、大阪府の体験旅行です。
参考にどうぞ。
大阪府の近鉄旅行体験プログラム一覧

 

 

 

 

主要駅から、道頓堀への行き方について

 

京都駅から、道頓堀へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

 

京橋駅から道頓堀へのアクセス おすすめの行き方を紹介します 

 

新大阪駅から、道頓堀へのアクセス おすすめの行き方を紹介します 

 

 

道頓堀周辺の宿泊施設で最も人気があるのが、
以下の宿泊施設になります。

 

 

ポイント② ホテルの宿泊料金を節約
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

まとめ

難波駅から、道頓堀へ行くには、
地下鉄を利用した方が、便利ですよ。

 

 

大阪府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 たこ焼せんべい
  • 第2位 大阪らすく
  • 第3位 大阪チョコたまご

大阪府のお土産一覧

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す