京都駅から、八坂庚申堂へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

京都観光の際に欠すことが出来ない、
清水寺と八坂神社の中間にある八坂の塔。

そんな 有名な観光地のすぐ近くにある「八坂庚申堂」は、
一つの欲望封印により、
一つの欲望が 叶うとされる変わった参拝方法があります。

自分の欲望の心をくくり猿のようにコントロール、
よい行いをすれば、願いがかなうという教えです。

そこで気になるのが、
八坂庚申堂へのアクセス方法ですよね。
そこで今回は、
京都駅から、八坂庚申堂へのアクセス方法について
あらゆる行き方の中から
おすすめのアクセス方法を紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

八坂庚申堂について

 

八坂庚申堂の営業案内

  • 住所   京都府京都市東山区下河原4丁目金園町390
  • TEL   075-541-2565

 

 

八坂庚申堂周辺の駐車場について
八坂庚申堂周辺には、
多数のコインパーキングがあります。
近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
八坂庚申堂周辺の駐車場

 

 

八坂庚申堂の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

八坂庚申堂周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
八坂庚申堂周辺の宿泊施設(ホテル)について アクセスに便利な、おすすめのホテルを紹介します 

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

JR京都駅から、八坂庚申堂への行き方① バスで行く方法

JR京都駅から、バスで東山安井バス停へ行きます

JR京都駅の、D2乗り場から出る、
市バス206系統のバス(三十三間堂 清水寺・祇園・北大路バスターミナル行き)
に乗り、
東山安井バス停で下車します。

 

京都駅バス乗り場

 

JR京都駅から、バスで東山安井バス停までの
所要時間は、約15分~20分になります。

運賃は、230円になります。

 

JR京都駅から、東山安井バス停への時刻表(206系統)

 

 

スポンサードリンク




 

東山安井バス停から、徒歩で八坂庚申堂へ行きます

東山安井バス停に着いたら、
南方向に50mほど行きます。
下の写真で言うと、右方向です。
南方向は、セブンイレブンも見えています。

そして、1つ目の信号を左折します。

曲がるとすぐに鳥居があるので、
分かりやすいと思います。

そして、約50m先を右折します。

そのまま、50mほど進むと、
八坂庚申堂に突き当ります。

中に入ると、こんな感じです。

八坂庚申堂

東山安井バス停から、八坂庚申堂までは、
約350mとなり、徒歩で約4分になります。

 

東山安井バス停から、八坂庚申堂への
分かりやすい航空写真があったので、
参考にしてみてください。

 

 

お勧めの、京都府の体験旅行です。
参考にどうぞ。
京都府の近鉄旅行体験プログラム一覧
 

 

JR京都駅から、八坂庚申堂への行き方② タクシーで行く方法

JR京都駅からタクシーで八坂庚申堂へ行きます

JR京都駅の中央改札口を出て右側がタクシー乗り場です。

 

JR京都駅 バスターミナル

 

JR京都駅から、タクシーで八坂庚申堂に行くと、
距離は約3.1㎞となり、
所要時間は約10分になります。
運賃は、¥1,090 ~ ¥1,360になります。

 

ただ、京都駅からタクシーに乗ると
渋滞に巻き込まれる可能性がありますす。
交通渋滞により、大幅に料金があがる場合があります。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?
リゾート体験宿泊(京都岡崎)

 

 

まとめ

JR京都駅から、八坂庚申堂へのへ行く方法は、
バスで行く方法と、
タクシーで行く方法があります。

おすすめは、バスで行く方法です。

 

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す