大阪駅から紀伊勝浦駅、ホテル浦島へのアクセス(行き方) まるで竜宮城のようです。

ホテル浦島は、おとぎ話に出てくる
まるで、竜宮城のようなホテルです。
島全体が、巨大なホテルとなったような感じです。
ホテル浦島へは、亀に乗って行きます。

では大阪駅からホテル浦島へは、どのように行けばよいのか。
おすすめの行き方を紹介します。

スポンサードリンク




大阪駅からホテル浦島への行き方

大阪駅から天王寺駅に行きます

大阪駅から、2番線乗り場
大阪環状線に乗ってください。

大阪駅 2番線

環状線には、外回りと内回りもありますが、
どっちに乗っても問題ありません。
天王寺駅で下車します。
ここまでの所要時間は、約16分です。

環状線について
環状線は1番線内回りから、
快速がすぐある場合は、
内回りを利用してください。
快速が出た直後なら、
2番線外回りを使った方がいいです。
どちらに乗っても天王寺に行けますが、
内回りはユニバーサルシティ・桜島行きはダメです。
外回りは京橋行きがダメです。
この2つは天王寺へは行きません。
天王寺駅から、紀伊勝浦駅へ行きます

天王寺駅の15番線発の
JR特急くろしお9号・新宮行きにのり、
紀伊勝浦駅で下車します。
大阪駅から、紀伊勝浦駅までの所要時間は、約3時間46分です。
運賃は、6370円になります。

特急電車を利用しない場合は
大阪駅から、紀伊勝浦駅まで行くのに、
約6時間42分かかりますので、
特急電車を利用しましょう。

 

紀伊勝浦駅から、徒歩で専用駐車場まで行きます。

ホテル浦島へは、専用駐車場からバスが出ていますので、
まずは、専用駐車場に向かいます。

紀伊勝浦駅から、県道46号線に向かって、600mほど北上します。
突き当りが県道46号線ですので、
そこを右折します。
100mほど先を右折すると、専用駐車場に到着です。
徒歩で、約11分になります。

専用駐車場

 

専用駐車場から、ホテル浦島へ行きます。

専用駐車場には、ホテル浦島行きの送迎バスがありますので、
それに乗って、船着き場に行きます。
船着き場から、送迎用の船が出ていますので、
その船に乗ってホテル浦島に行きます。

ホテル浦島

スポンサードリンク




ホテル浦島について

まるで、おとぎ話のようです

助けた亀に連れられて、竜宮城に行きます

浦島太郎は知っていますよね。
浦島太郎は、助けた亀に連れられて、
竜宮城へ行きます。
浦島太郎

これと同じで、亀に乗って
竜宮城(ホテル浦島)へ行きます。

現在では、勝浦丸という名の亀に乗ります。
こんな亀(船です)。
勝浦丸

この亀に乗って、竜宮城に行きます。

 

 

ホテル浦島へ向かう船の動画です。

どんなと感じなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓


竜宮城

こんな竜宮城を想像していたのですが、
現在の竜宮城(ホテル浦島)は、こんな感じです。
ホテル浦島

 

この世の物とは思えないほど、美しい温泉があります

忘帰洞と言われる、洞窟の中に露天風呂があります。
露天風呂
波の浸食によって削られた、大きな洞窟の中で、
7つの露天風呂を楽しむことができます。
自然の岩がむき出しとなった壁や天井があり、
その奥には、海が見えます。

こんな感じです。
露天風呂1

海を見ながら、露天風呂は最高ですよ。
大自然をたっぷり感じることができる洞窟温泉なのです。

うつく帰るのを忘れさせるほど心地よく、何度でも入りたくなります。
この温泉の良さは写真だけでは伝わりません。
ぜひ訪れて、心と身体で洞窟温泉を感じてください。

 

 

和歌山県のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 紀州最中詰め合わせ
  • 第2位 紀州南高完熟梅干
  • 第3位 早和果樹園 味まろしぼりとジュレ

和歌山県のお土産一覧

 

 

まとめ

大阪駅からホテル浦島へ行くには、
時間がかかりますので、
時間短縮のためにも、特急電車を利用しましょう。
また、この世の物とは思えないくらい、
美しい温泉がありますので、
ぜひ訪れて、心と身体で洞窟温泉を感じてください。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す