天王寺動物園から、大阪国際空港へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

天王寺動物園は、
天王寺駅から歩いても、
あべのハルカスや新世界などの賑やかなエリアからすぐ近くで、
てんしばからそのままぶらっと、
動物園に入れるので雰囲気もよく、便利になっています。

そこで今回は、
天王寺動物園から、大阪国際空港へのアクセス方法について、
あらゆる行き方の中から、
お勧めのアクセス方法を紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
天王寺動物園から、大阪国際空港へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
天王寺動物園の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

天王寺動物園について

天王寺動物園の営業案内について

天王寺動物園の営業案内

  • 住所        〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
  • 電話番号      06-6771-8401
  • 営業時間      9:30~17:00 5・9月の土日祝日は18:00 (いずれも入園は    一時間前まで)
  • 定休日       月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)
  • 駐車場       周辺の民間駐車場を利用

 

 

天王寺動物園の駐車場について
天王寺動物園には専用駐駐車場は、
ありません。

しかし、天王寺動物園周辺には、
格安のコインパーキングが多数あります。
近くから満車になっていくので、
予約して利用すると便利ですよ。
天王寺動物園周辺の駐車場

 

 

大阪では、こんなお土産が人気です

 

 

天王寺動物園の料金について

 

入園料

  • 大 人    500円
  • 小中学生  200円
  • 未就学児   無料

 

 

団体割引 (30人以上)

  • 大 人    450円
  • 小中学生  180円

 

 

団体割引 (50人以上)

  • 大 人    400円
  • 小中学生  160円

 

 

団体割引 (100人以上)

  • 大 人    350円
  • 小中学生  140円

 

 

ベビーカー等の貸し出し

  • ベビーカー     1台300円
  • ゾウさんバギー    1台600円

 

 

エサの販売(ひつじ広場でヒツジ・ヤギのエサを販売しています)

  • 1回 100円

 

 

天王寺動物園の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

天王寺動物園周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
天王寺動物園に行くなら、できる限り安く!! 割引きクーポンはあるのか? チケットを安く手に入れる方法

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

天王寺動物園から、大阪国際空港への行き方について① バスで行く方法

天王寺動物園から、徒歩であべの橋バス停へ行きます

あべの橋バス停は、
天王寺動物園の東側に立地しています。

天王寺公園内を、ずっと東方向に進みます。

すると、広い道につながりますので、右折します。
約100m行くと、JR天王寺駅が見えてきますので、
右折します。
すると、バス乗り場が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

阪急旅マガに登録して、
旅行に関する豪華賞品がが当たります。
阪急交通社 キャンペーン

 

 

あべの橋バス停から、伊丹空港バス停へ行きます

あべの橋バス停から、
大阪空港交通・空港リムジンバス・伊丹空港行きに乗り、
伊丹空港バス停で下車します

 

あべの橋バス停から、伊丹空港バス停までの所要時間は、
約30分になります。
運賃は、640円になります。
バスは、1時間に約2本あります。

高速バス予約はこちら!!

 

 

 

 

天王寺動物園から、大阪国際空港への行き方について② 電車で行く方法

天王寺動物園から、徒歩で御堂筋線天王寺駅へ行きます

御堂筋線天王寺駅は、
天王寺動物園の東側に立地しています。

天王寺公園内を、ずっと東方向に進みます。

すると、広い道につながります。
この辺に地下鉄への入り口があります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

御堂筋線天王寺駅から、千里中央駅へ行きます

御堂筋線天王寺駅から、
OsakaMetro御堂筋線 千里中央・新大阪方面行きに乗り、
千里中央駅で下車します。

 

御堂筋線天王寺駅から、千里中央駅までの所要時間は、
約35分になります。
運賃は、460円になります。
電車は、1時間に約8本あります。

 

 

 

 

千里中央駅から、大阪空港駅へ行きます

千里中央駅から、
大阪モノレール線 大阪空港方面行きに乗り、
大阪空港駅で下車します。

 

千里中央駅から、大阪空港駅までの所要時間は、
約13分になります。
運賃は、330円になります。
電車は、1時間に約6本あります。

 

 

 

 

天王寺動物園から、大阪国際空港への行き方について③ 電車で行く方法②

天王寺動物園から、徒歩で御堂筋線天王寺駅へ行きます

御堂筋線天王寺駅は、
天王寺動物園の東側に立地しています。

天王寺公園内を、ずっと東方向に進みます。

すると、広い道につながります。
この辺に地下鉄への入り口があります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

御堂筋線天王寺駅から、御堂筋線梅田駅へ行きます

御堂筋線天王寺駅から、
OsakaMetro御堂筋 千里中央・新大阪方面行きに乗り、
梅田駅で下車します。

 

御堂筋線天王寺駅から、梅田駅までの所要時間は、
約14分になります。
運賃は、280円になります。
電車は、1時間に約15本あります。

 

 

 

 

御堂筋線梅田駅から、徒歩で阪急梅田駅へ行きます

御堂筋線梅田駅の北改札から出ます。
改札を出たところの、地面の案内板の画像です。

JR線の案内板に従って進んでください。
少し行くと、JR大阪駅へのエスカレーターが見えてきますので、
これを上がります。

エスカレーターを上がったら右折します。
そのまま真っすぐ進むと、屋外に出ます。
屋外に出る所の案内板です。

そのまま外に出ると、
「阪急梅田方面」と書かれた階段とエスカレーターがありますので、
それを上がっていきます。

 

阪急梅田方面と書かれた階段とエスカレーター

 

すると歩道橋の上に着き、左右に道が分かれますが、
右側に道なりに進んで行けば、
阪急梅田駅駅にたどり着くことができます。

 

 

 

 

阪急梅田駅から、蛍池駅へ行きます

阪急梅田駅から、
阪急宝塚本線 宝塚・雲雀丘花屋敷方面行きに乗り、
蛍池駅で下車します。

 

阪急梅田駅から、蛍池駅までの所要時間は、
約19分になります。
運賃は、220円になります。
電車は、1時間に約12本あります。

 

 

 

蛍池駅から、大阪空港駅へ行きます

蛍池駅から、
大阪モノレール線 大阪空港方面行きに乗り、
大阪空港駅で下車します。

 

蛍池駅から、大阪空港駅までの所要時間は、
約3分になります。
運賃は、200円になります。
電車は、1時間に約6本あります。

 

 

 

 

天王寺動物園の関連記事について

 

天王寺駅から、天王寺動物園へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

天王寺動物園周辺の駐車場について 確実に近くに駐車するおすすめの方法を紹介します

天王寺動物園の料金は?できる限り安く!! 割引きクーポンはあるのか? チケットを安く手に入れる方法

天王寺動物園から、あべのハルカスへのアクセス おすすめの行き方を紹介します

天王寺動物園から、海遊館へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

天王寺動物園から、道頓堀へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

天王寺動物園から、大阪城へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

天王寺動物園から、通天閣へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

 

その他の、
天王寺動物園の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください。
天王寺動物園の関連記事について

 

 

大阪市の、その他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください。
大阪市の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

天王寺動物園から、大阪国際空港へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

大阪府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 たこ焼せんべい
  • 第2位 大阪らすく
  • 第3位 大阪チョコたまご

大阪のお土産一覧

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す