新大阪駅から箕面公園の箕面大滝へのアクセス(行き方)

大滝にかかるモミジの大木は11月中旬頃から色づき始め、

11月の下旬に見頃を迎えます。

箕面公園の中でも色づく時期が遅い箕面大滝

また、知る人ぞ知る、紅葉の穴場「一目千本」。

滝道から少し中に入ります。

ゆるやかな坂道ですが、ぜひ訪れてみてください。

モミジとモミジの間から見える山々も美しく色づき、

まさに「一目千本」の光景をお楽しみいただけます。

お弁当を広げている方を見かけることも多い場所です。

スポンサードリンク

新大阪駅から、箕面駅へ行く方法

新幹線で新大阪駅に着くと、4階の1番ホームです。

新幹線改札ですけど、「出口」と「在来線乗り換え」用があるので、

「乗り換え用」改札を通ってください。

乗り換え用改札口を出たら、もうそこは在来線のコンコースでして、

蒸気機関車の動輪を展示してあります。

そのコンコースは3階にありますから、

その3階から在来線ホームには一回だけエスカレータを使って下りられます。

新幹線ホーム4階→改札口3階→在来線ホーム。

「→」がエスカレータです、つまり2回乗ることになりますね。

 

 

JR新大阪駅から、在来線乗り換え方向への動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

JR新大阪から16番線発

JR新大阪から16番線発のJR東海道本線に乗り、

大阪駅で降ります。

新大阪駅から大阪駅までの所要時間は、約4分です。

運賃は190円です。

大阪駅から、徒歩で阪急梅田駅へ向かいます

まず御堂筋口の改札を背にして立ち、

左方向にまっすぐ進みます。

すると「阪急梅田方面」と書かれた階段とエスカレーターがありますので、

それを上がっていきます。

すると歩道橋の上に着き、左右に道が分かれますが、

右側に道なりに進んで行けば、阪急梅田駅駅にたどり着くことができます。

 

 

JR大阪駅から、阪急梅田駅への動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

阪急梅田駅から、阪急宝塚線急行 宝塚行きに乗り、

石橋駅で、阪急箕面線 箕面行きに乗り換え、

箕面駅で下車します。

新大阪駅から箕面駅までの所要時間は、約42分です。

運賃は、510円です。

 

箕面公園の裏技①
箕面公園の専用駐駐車場は、
ありません。

しかし、箕面公園周辺には、格安のコインパーキングが多数あります。
近くから満車になっていくので、
予約して利用すると便利ですよ。
箕面公園周辺の駐車場

 

箕面駅から徒歩で箕面大滝への行き方

このルートは、

紅葉を楽しみながら箕面大滝を目指せます。

 

箕面駅から箕面大滝

駅を出たら(改札は一つです)北に向かって歩いて下さい。

お土産物屋さんの通りを過ぎたら5分くらいで、

箕面川が見えます。

この辺から、箕面公園です。

あとは箕面川に沿って、

滝まで約40分の散歩をお楽しみ下さい。

 

 

箕面大滝の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

箕面公園周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
箕面公園周辺のホテルや宿(宿泊施設)について アクセスに便利なおすすめのホテルを紹介します 

 

 

スポンサードリンク

箕面駅からタクシーで箕面大滝への行き方

阪急箕面駅前から、

歩くのが面倒だと言う場合タクシー利用になります。

所要時間は、約10分です。

運賃は約1200円になります。

ただ箕面の滝にはタクシーは常駐していないので、

帰りは歩きになります。

下り坂が主なので上るよりは楽ですし、

また季節限定ですが川床に寄ったり、

もみじのてんぷら売ってる店冷やかすのもいいかも。

 

箕面駅からバスで箕面大滝への行き方

残念ながら、箕面大滝へのバスはありません。

徒歩かタクシーを利用してください。

 

大阪府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 たこ焼せんべい
  • 第2位 大阪らすく
  • 第3位 大阪チョコたまご

大阪のお土産一覧

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す