唐招提寺から、東大寺へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

唐招提寺の有名な廬舎那仏坐像は圧巻です。
また、敷地内には緑もあり、
心身ともに和らぐ感じが良かったです。

また、昔、歴史で習った東大寺。
奈良の大仏はもちろん、金剛力士像もあります。
歴史に触れながら、感動しつつ、鹿にせんべいをやりました。

そこで今回は、
唐招提寺から、東大寺へのアクセス方法について、
紹介します。

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
唐招提寺から、東大寺へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
唐招提寺や東大寺の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

唐招提寺について

唐招提寺の営業案内について

唐招提寺の営業案内

  • 住所     〒630-8032 奈良県奈良市五条町13-46
  • 電話     0742-33-7900
  • FAX     0742-33-5266
  • 拝観時間   8:30~17:00 受付は16:30まで
  • 駐車料金   150台 500円

 


 

 

唐招提寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

唐招提寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

近隣の宿泊施設一覧

 

 

スポンサードリンク




 

 

東大寺について

東大寺の営業案内について

東大寺の営業案内

  • 住所     〒630-8587 奈良県奈良市雑司町406-1
  • 電話     0742-22-7788
  • FAX     0742-27-2114
  • 拝観時間   4月~10月 7:30~17:30
  • 拝観時間   11月~3月 8:00~17:00
  • 駐車料金   100台 1000円

 


 

 

東大寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

東大寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

近隣の宿泊施設一覧

 

 

スポンサードリンク




 

 

唐招提寺から、東大寺への行き方について

唐招提寺から、徒歩で唐招提寺東口バス停へ行きます

唐招提寺 南大門から出て、
左折します。

約200m行くと、突き当りますので、
左折します。

すると、すぐ左側に唐招提寺東口バス停が見えてきます。

 

唐招提寺から、徒歩で唐招提寺東口バス停までは、
約250mとなり、徒歩で約2分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

奈良県では、こんなお土産が人気です

 

 

唐招提寺東口バス停から、東大寺大仏殿バス停へ行きます

唐招提寺東口バス停から、
奈良交通 77系統のバスに乗り、
東大寺大仏殿バス停で下車します。

 

唐招提寺東口バス停から、東大寺大仏殿バス停までの所要時間は、
約26分になります。
運賃は、260円になります。
バスは、1時間に約2本あります。

 

 

もしくは、
唐招提寺東口バス停から、
奈良交通 97系統のバスに乗り、
東大寺大仏殿バス停で下車します。

 

唐招提寺東口バス停から、東大寺大仏殿バス停までの所要時間は、
約18分になります。
運賃は、260円になります。
バスは、1時間に約1本あります。

 

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

 

東大寺大仏殿バス停から、徒歩で東大寺へ行きます

東大寺大仏殿バス停に着いたら、
西方向に行きます。

西方向は、バスの進行方向の反対側になります。
そして、すぐの信号を右折します。

すると、目の前に東大寺が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

唐招提寺や東大寺の関連記事について

 

唐招提寺の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください
唐招提寺の関連記事について

 

東大寺の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください
東大寺の関連記事について

 

 

唐招提寺や東大寺が立地する、
奈良県北西部地区のその他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください
奈良県北西部地区の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

唐招提寺から、東大寺へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す