奈良駅から、安居院(飛鳥寺)へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

安居院(飛鳥寺)には、
日本で最古の鋳造大仏で、
飛鳥文化をしのぶ貴重な存在となっている
釈迦如来坐像があります。

鞍作鳥が造った丈六の仏像で、
「飛鳥大仏」と呼ばれています。

現在の本堂の位置は、創建当時の中金堂のあった場所で、
本尊は創建当時からずっとここに座っておられます。

そこで今回は、
奈良駅から、安居院(飛鳥寺)へのアクセス方法について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
奈良駅から、安居院(飛鳥寺)へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
安居院(飛鳥寺)の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

安居院(飛鳥寺)について

安居院(飛鳥寺)の営業案内について

安居院(飛鳥寺)の営業案内

  • 住所           〒634-0103  奈良県高市郡明日香村飛鳥682
  • 電話番号         0744-54-2126
  • 拝観時間(4月~9月 )    9:00~17:30 受付は17:15まで
  • 拝観時間(10月~3月)   9:00~17:00 受付は16:45まで
  • 駐車場          40台(500円)

 

 

安居院(飛鳥寺)の動画です。
どんな所なのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

安居院(飛鳥寺)周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

安居院(飛鳥寺)の料金案内について

拝観料

  • 大人    350円
  • 中高生   250円
  • 小学生   200円

 

 

スポンサードリンク




 

 

奈良駅から、安居院(飛鳥寺)への行き方について

安居院(飛鳥寺)へのアクセス方法は、

  • 近鉄奈良駅から、近鉄大和西大寺駅へ行きます
  • 近鉄大和西大寺駅から、近鉄橿原神宮前駅へ行きます
  • 橿原神宮前駅から、飛鳥大仏前バス停へ行きます
  • 飛鳥大仏前バス停の目の前が、安居院(飛鳥寺)になります

となります。

詳しく紹介していきます。

 

 

 

近鉄奈良駅から、近鉄大和西大寺駅へ行きます

近鉄奈良駅から、
近鉄難波・奈良線 大阪難波方面行きに乗り、
大和西大寺駅で下車します。

 

近鉄奈良駅から、大和西大寺駅までの所要時間は、
約5分になります。
電車は、1時間に約16本あります。

 

 

奈良県では、こんなお土産が人気です

 

 

近鉄大和西大寺駅から、近鉄橿原神宮前駅へ行きます

大和西大寺駅から、
近鉄橿原線 橿原神宮前方面行きに乗り、
橿原神宮前駅で下車します。

 

大和西大寺駅から、橿原神宮前駅までの所要時間は、
約26分になります。
電車は、1時間に約6本あります。

ここまでの運賃は、500円になります。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

橿原神宮前駅から、飛鳥大仏前バス停へ行きます

橿原神宮前駅の東口から、
奈良交通 飛鳥駅方面行きに乗り、
飛鳥大仏前バス停で下車します。

 

橿原神宮前駅から、飛鳥大仏前バス停までの所要時間は、
約14分になります。
運賃は、260円になります。
バスは、1時間に約1本あります。

 

 

 

 

飛鳥大仏前バス停から、徒歩で安居院(飛鳥寺)へ行きます

飛鳥大仏前バス停の目の前が、
安居院(飛鳥寺)になります。

 

 

 

 

安居院(飛鳥寺)の関連記事について

 

安居院(飛鳥寺)が立地する、
奈良県北西部地区のその他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください
奈良県北西部地区の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

奈良駅から、安居院(飛鳥寺)へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す