渡月橋周辺の観光スポットについて 行ってみたい おすすめの場所を紹介します

京都と言えば渡月橋。
絵になる風景で嵐山も訪れる方々に、
京都旅行が思い出の大きな1つの記憶に残る場面です。

せっかく渡月橋に来たなら、
他にも観光名所を回りたいですよね。

そこで今回は、
渡月橋周辺の観光スポットについて、
おすすめの観光名所を案内します。

 

 

スポンサードリンク




 

渡月橋について

渡月橋の営業案内

  • 住所    〒616-8385  京都府京都市右京区
  • 駐車場   専用駐車場はありません。近隣の民間パーキングを利用

 

 

渡月橋の動画です。
どんなところなのか、
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

渡月橋周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ポイント①ホテルの宿泊料金を節約
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
渡月橋周辺の宿泊施設(ホテル)について アクセスに便利な、おすすめのホテルを紹介します 

京都駅から、渡月橋への行き方について

 

 

 

渡月橋周辺の観光スポットについて

嵯峨野 竹林の道

嵯峨野散策のメインとも言える竹林です。
人混みの中に人力車も通ります。

人が多いので撮影目的の人は、
早朝の訪問がよいですよ。

嵯峨野 竹林の道への行き方

 

 

 

 

 

天龍寺

天龍寺は一見の価値ありです。

四季を通じて綺麗ですよ。
特に竜は見てください。
感動しますよ。

庭も申し分ありません。
雪景色を見れれば最高ですよ。

天龍寺への行き方

 

 

 

 

嵐山モンキーパークいわたやま

嵐山モンキーパークいわたやまは、
渡月橋を南側に渡った山の上です。

たくさんの日本猿がすぐ近くで見られ、
外国の人も多く来る人気スポットです。

エサやりは、落花生とりんごがあります。
お猿さんたちはりんごの方がいいらしく、
落花生は見向きもしませんでした。

嵐山モンキーパークいわたやまへの行き方

 

 

 

 

落柿舎

松尾芭蕉とゆかりがある地です。
嵯峨野にあって、田んぼ風景の中なるちょっとしたお家です。
草案と呼ぶにふさわしい感じですよ。

落柿舎への行き方

 

 

お勧めの、京都府の体験旅行です。
参考にどうぞ。
京都府の近鉄旅行体験プログラム一覧

 

 

宝厳院

天竜寺の参道にある小さな塔頭です。
モミジの紅葉が素晴らしく、
庭内を巡り歩いて空に、水辺に、苔庭に、
また破岩の松の上など様々な景色を見ることが出来ます。

渡月橋に行ったなら、
宝厳院もお薦めしておきたいです。

宝厳院への行き方

 

 

スポンサードリンク




 

嵐山公園

渡月橋から直ぐの場所にあります。
きれいに整備された道をのんびりと、
京都らしい景色を眺めるには最高の場所ですよ。

嵐山公園への行き方

 

 

 

京都嵐山オルゴール博物館

京都嵐山オルゴール博物館は、
JR嵯峨嵐山駅からアクセスが便利な所です。

珍しい物も沢山あって、
ゆったり落ち着く施設でとても和みますよ。

京都嵐山オルゴール博物館への行き方

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

常寂光寺

京都はどちらかと言うと、
紅葉はもみじですが、
常寂光寺ではイチョウも見どころです。

赤と黄色と緑の紅葉を楽しむことができ、
コントラストが最高です。

たくさんの見所があり、
どこを撮ってもいい写真が撮れますよ。

常寂光寺への行き方

 

 

 

トロッコ嵐山

京都に行けば、トロッコ列車に乗った方が良いです。

列車からの紅葉が美しいですよ。
行きは列車がサービスで少し止まってくれて、
最高のシャッターチャンスが到来しますよ。

 

 

 

 

まとめ

渡月橋周辺の観光スポットについて紹介しました。

渡月橋に来たら、
この記事を参考に、
色々なスポットを回ってみてください。

 

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す