和歌山駅から、紀州東照宮へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

鳥居をくぐってから少し行くと、
紀州東照宮の108段の階段があります。

上りきった後、
振り返ると見晴の良い景色が見れます。

関西の日光とも称されています。

そこで今回は、
和歌山駅から、紀州東照宮へのアクセス方法について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
和歌山駅から、紀州東照宮へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
紀州東照宮の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

紀州東照宮について

紀州東照宮へは、参道を過ぎると、
目の前に急な108段の階段が待っています。
登りつめると、朱塗りの楼門が見えてきます。
後ろを振り返ると、和歌浦の海の絶景が見れます。
時間を忘れて見入っていると、
隣に同じように海に見とれている人がいました。

関西の日光とも称される紀州東照宮を、
是非とも見てください。

 

 

また、和歌山市と言えば、
和歌山ラーメンが有名ですね。

和歌山市に来たら、一度は食べてみてください。
お土産にもお勧めですよ。

和歌山ラーメン

 

 

 

 

紀州東照宮の営業案内

紀州東照宮の営業案内

  • 住所       〒641-0024 和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1番2号
  • TEL        073-444-0808
  • 拝観時間     9:00~17:00
  • 駐車場      最初の1時間300円 以降500円/時間

 

 

 

紀州東照宮の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

紀州東照宮周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

紀州東照宮の参拝料金について

紀州東照宮の社殿拝観料

  • 大人      500円
  • 小人      250円

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

和歌山駅から、紀州東照宮への行き方について① 自動車で行く方法

紀州東照宮へのアクセスは、
和歌山ICや海南ICから、
自動車でのアクセスが便利です。

 

和歌山ICから、紀州東照宮までは、
約10.2kmとなり、自動車で約26分になります。

 

海南ICから、紀州東照宮までは、
約9.8kmとなり、自動車で約21分になります。

 

 

和歌山県では、こんなお土産が人気です

 

 

和歌山駅から、紀州東照宮への行き方について② 公共機関で行く方法

JR和歌山駅から、和歌浦口バス停へ行きます

JR和歌山駅の西口2番乗り場から、
和歌山バスに乗り、和歌浦口バス停で下車します。

 

和歌山駅から、和歌浦口バス停までの所要時間は、
約21分になります。
運賃は、320円になります。
バスは、1時間に約5本あります。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

和歌浦口バス停から、徒歩で紀州東照宮へ行きます

和歌浦口バス停に着いたら、
南方向に進んでください。

和歌浦小学校が見えてきたら正解です。
この方向が南方向です。

するとすぐ右側に、
紀州東照宮が見えてきます。

 

和歌浦口バス停から、紀州東照宮までは、
約650mとなり、徒歩で約8分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

和歌山駅から、紀州東照宮への行き方について③ 公共機関で行く方法

南海和歌山市駅から、和歌浦口バス停へ行きます

南海和歌山市駅から、
和歌山バスに乗り、和歌浦口バス停で下車します。

 

南海和歌山市駅から、和歌浦口バス停までの所要時間は、
約22分になります。
運賃は、320円になります。
バスは、1時間に約2本あります。

 

 

 

 

紀州東照宮の関連記事について

 

紀州東照宮が立地する、
和歌山県紀北地区のその他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください
和歌山県紀北地区の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

和歌山駅から、紀州東照宮へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す