世界遺産熊野本宮館へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

世界遺産熊野本宮館は熊野本宮大社のすぐ近くにある施設で、
熊野本宮大社の歴史などが学べる施設です。

全体的に非常に綺麗な施設で、
熊野本宮大社のことが良く分かります。

そこで今回は、
世界遺産熊野本宮館へのアクセス方法について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

はじめに

この記事では、
世界遺産熊野本宮館へのアクセス方法について、
紹介します。

 

また、この記事の最後には、
世界遺産熊野本宮館の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

世界遺産熊野本宮館について

世界遺産熊野本宮館は、
熊野本宮大社が世界遺産登録時にできた博物館です。

熊野古道の資料が展示されていて、
熊野参詣、熊野古道のことが良く分かります。

また観光案内所もあります。
裏手からは大きな鳥居へ行けます。

 

また、世界遺産熊野本宮館が立地する本宮町では、
熊野牛が有名です。

一度ご賞味あれ。

熊野牛

 

 

 

世界遺産熊野本宮館の営業案内について

世界遺産熊野本宮館の営業案内

  • 住所     〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮100番地の1
  • 電話番号   0735-42-0751
  • 開館時間   9:00~17:00
  • 料金     無料
  • 駐車場    58台(無料)

 

 

世界遺産熊野本宮館周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

スポンサードリンク




 

 

世界遺産熊野本宮館への行き方について① 自動車で行く方法

世界遺産熊野本宮館へのアクセスは、
自動車でのアクセスが便利です。

 

大阪方面からですと、
南紀田辺ICからのアクセスが便利です。
南紀田辺ICから、世界遺産熊野本宮館までは、
約57.0kmとなり、自動車で約60分になります。

 

名古屋方面からですと、
熊野大泊ICからからのアクセスが便利です。
熊野大泊ICからから、世界遺産熊野本宮館までは、
約49.6kmとなり、自動車で約60分になります。

 

 

 

和歌山県では、こんなお土産が人気です

 

 

世界遺産熊野本宮館への行き方について② 公共機関で行く方法①

大阪方面からの場合は、
紀伊田辺駅から、バスでのアクセスが便利です。

 

 

 

紀伊田辺駅から、本宮大社前バス停へ行きます

田辺駅前バス停から、
明光バス 新宮駅方面行きに乗り、
本宮大社前バス停で下車します。

 

紀伊田辺駅から、本宮大社前バス停までの所要時間は、
約1時間35分になります。
運賃は、2100円になります。
バスは、1日に約2本あります。

 

 

もしくは、
紀伊田辺駅から、
龍神バス 熊野本宮線 発心門王子方面行きに乗り、
本宮大社前バス停で下車します。

 

紀伊田辺駅から、本宮大社前バス停までの所要時間は、
約2時間4分になります。
運賃は、2100円になります。
バスは、1日に約5本あります。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

本宮大社前バス停から、徒歩で世界遺産熊野本宮館へ行きます

本宮大社前バス停に着いたら、
目の前が世界遺産熊野本宮館ですので、
迷うことはないでしょう。

 

 

 

世界遺産熊野本宮館への行き方について③ 公共機関で行く方法②

名古屋方面からの場合は、
新宮駅から、バスでのアクセスが便利です。

 

 

 

 

新宮駅から、本宮大社前バス停へ行きます

新宮駅から、
熊野御坊南海バスに乗り、
本宮大社前バス停で下車します。

 

新宮駅から、本宮大社前バス停までの所要時間は、
約50分になります。
バスの運賃は、1560円になります。
バスは、1日に約1本あります。

 

 

 

 

世界遺産熊野本宮館の関連記事について

 

世界遺産熊野本宮館が立地する、
和歌山県紀南地区のその他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください
和歌山県紀南地区の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

世界遺産熊野本宮館へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す