京都駅から、平等院へのアクセス(行き方) おすすめの行き方を紹介します。

平等院は、世界遺産に登録されています。

鳳凰堂は十円硬貨の表面のデザインにも使われています。

秋には、紅葉の名所にもなります。

春には、桜の名所にもなります。

京都駅から平等院へは、

どのように行くと良いのでしょうか?

京都駅から、平等院へのおすすめの行き方を紹介します。

スポンサードリンク

京都駅から、JRで平等院へ行く方法

まずは、宇治駅に向かいます

新幹線で京都駅に着いたら、

まずは、2Fの改札改札を通過します。

そして、左折して階段を降りると、

奈良線の9・10番線につながります。

京都駅 奈良線

 

9番線発の、JR奈良線・宇治行きに乗り、

宇治駅で下車します。

ここまでの所要時間は、約24分です。

運賃は、240円です。

 

 

宇治駅から、平等院への行き方

徒歩での行き方は、

宇治駅の南口を出て、右に進みます。

そして、府道7号線の横断歩道を渡り、

宇治橋通りの商店街に入ります。

そして、府道15号線を左折します。

そのまま、ずっと東に向かって歩きます。

そうすると、宇治川のせせらぎが聞こえてきます。

あがた通りを渡って、表参道を進みますと、

平等院が見えてきます。

宇治駅から、平等院までは約900mになります。

時間にして、12分くらいです。

 

スポンサードリンク




 

平等院の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい

↓       ↓         ↓

 

 

平等院周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。
宇治第一ホテル
花やしき浮舟園

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?    リゾート体験宿泊(京都岡崎)

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
平等院周辺の宿泊施設(ホテル)について アクセスに便利な、おすすめのホテルを紹介します

 

 

京都駅から、京阪で平等院へ行く方法

まずは、JR京都駅から近鉄京都駅へ行きます。

新幹線で京都駅に着くと二階のホームになります。

そこから、新幹線中央口を出た正面が近鉄の改札になります。

新幹線中央口を出た正面が近鉄改札口です
画像引用  http://kyoto-universal.jp/traffics/kyoto_station.php#map02

 

 

JR京都駅から、近鉄京都駅へ行き方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

近鉄京都駅から、近鉄京都線急行 橿原神宮前行きに乗り、

近鉄丹波橋駅で下車します。

ここまでの運賃は、210円です。

 

 

人気上昇中の、京都の体験旅行のランキングです。
参考にどうぞ。

 

 

近鉄丹波橋駅で、京阪に乗り換えです。

改札口は1か所しかありません。

階段を上がって改札を出て、

50メートルほど真っすぐ進むと、

京阪の改札です。

 

京阪丹波橋から、京阪宇治駅へ向かいます

京阪本線特急 淀屋橋行きに乗り、

中書島駅で下車します。

中書島駅の3番線発の、京阪宇治線・宇治行きに乗り、

京阪宇治駅で下車します。

京都駅から、京阪宇治駅までの所要時間は、約34分です。

運賃は、480円です。

 

 

京阪宇治駅から、平等院への行き方


府道7号線に向かって、南へ200mほど進みます。

そして、右折して橋を渡ります。

橋を渡ったら、すぐの信号を左折します。

そして、300mほど進むと、平等院に到着です。

京阪宇治駅から、徒歩約10分です。

平等院

 

 

平等院の駐車場について
平等院の駐車場の、
料金は、乗用車で700円になります。
しかし、平等院周辺には、格安のコインパーキングが多数あります。
近くから満車になっていくので、
予約して利用すると便利ですよ。
平等院周辺の駐車場

 

 

まとめ

京都駅から、平等院に行くには、

JRを利用した方が簡単で、しかも安く行けます。

ただ、駅からの歩く距離を考えると、

京阪宇治駅を利用した方が、近いですね。

また、宇治駅からは、バスがないため

徒歩になります。

 

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

スポンサードリンク




 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す