三十三間堂から、東福寺へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

三十三間堂は、
とにかくお堂の中に入った瞬間、
観音様の数に、威厳に圧倒されます。
1000体の菩薩像をじっくりご覧ください。

また、東福寺は、
紅葉が超有名ですが、
通天橋周辺の青紅葉もなかなか素敵です。
日本の美しさが実感できます。

そこで今回は、
三十三間堂から、東福寺へのアクセス方法について、
あらゆる行き方の中から、
お勧めのアクセス方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

はじめに

この記事では、
三十三間堂から、東福寺へのアクセス方法について、
紹介します。

三十三間堂から、東福寺へのアクセス方法は、
電車で行く方法と、
タクシーで行く方法があります。

電車で行く方法は、
最もおすすめの行き方で、
行き方②の方が、バスの本数が多いのでお勧めです。

タクシーで行く方法は、
数人で行く場合はお勧めです。
例えば、4人で利用すると、
1人当たり、約180円になります。

 

また、この記事の最後には、
三十三間堂や東福寺の関連記事も紹介していますので、
こちらも是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

三十三間堂について

三十三間堂の営業案内について

三十三間堂の営業案内

  • 住所      〒605-0941 京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
  • 電話番号   075-561-0467
  • 営業時間   8:00~16:30(11月16日~3月31日 9:00~15:30)
  • 駐車場    無料  50台駐車可能

 

 

三十三間堂の駐車場について
三十三間堂には、
50台駐車できる無料の駐車場があります。

しかし、参拝客に対して50台は、
余りにも小さく、ほとんど駐車できません。

しかし、三十三間堂周辺には、
多数のコインパーキングがあります。
近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
三十三間堂周辺の駐車場

 

 

京都では、こんなお土産が人気です

 

 

三十三間堂の拝観料について

拝観料について

  • 大人   600円
  • 大学生  400円
  • 高校生  400円
  • 子供   300円

 

 

拝観料について(25名以上)

  • 大人   550円
  • 大学生  350円
  • 高校生  350円
  • 子供   250円

 

 

三十三間堂の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

三十三間堂周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

次に、東福寺について

東福寺の営業案内

東福寺について

  • 住所       〒605-0981  京都府京都市東山区本町十五丁目778
  • TEL        075-561-0087
  • 営業時間      公開:9:00~16:00
  • 公開:8:30~16:30 (11月のみ)
  • 駐車場      無料 30台

 

 

 

東福寺周辺の駐車場について
東福寺には無料の駐車場が整備されていますが、
駐車可能台数は30台となっています。
訪れる観光客に対して、
規模がものすごく小さく、
まず駐車できないと考えた方がよいでしょう。
東福寺周辺には、格安のコインパーキングが多数あります。
近くから満車になっていくので、
予約して利用すると便利ですよ。
東福寺周辺の駐車場

 

拝観料について

拝観料について

  • 大人        400円 (通天橋)
  • 大人        400円 (方丈庭園)

 

 

東福寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

東福寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

 

スポンサードリンク




 

三十三間堂から、東福寺への行き方について① バスで行く方法①

三十三間堂から、徒歩で博物館三十三間堂前バス停へ行きます

三十三間堂を出たら、北方向に進みます。

下の写真で言うと、右方向が北方向になります。

左折して1つ目の信号左折します。

すると、すぐに博物館三十三間堂前バス停が見えてきます。

三十三間堂から、徒歩で博物館三十三間堂前バス停までは、
約270mとなり、徒歩で約3分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

阪急旅マガに登録して、
旅行に関する豪華賞品がが当たります。
阪急交通社 キャンペーン

 

 

博物館三十三間堂前バス停から、東福寺バス停へ行きます

博物館三十三間堂前バス停から、
京都市営バス 208号系統(東山七条・東寺南門前九条車庫前行き)に乗り、
4停留所目の東福寺バス停で下車します。

 

博物館三十三間堂前バス停から、東福寺バス停までの所要時間は、
約6分になります。
運賃は、230円になります。
バスは、1時間に約2本あります。

 

 

 

 

東福寺バス停から、徒歩で東福寺へ行きます

東福寺バス停から、
西方向に進みます。

下の写真で言うと、右方向が西方向になります。

 

約50m先の信号を斜め左の側道方面に進んで行きます。
そして、突き当りを左折します。

約500mほど行くと、
左側に、東福寺中門が見えてきますよ。

東福寺バス停から、東福寺までは、
約700mとなり、徒歩で約10分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

 

三十三間堂から、東福寺への行き方について② バスで行く方法②

三十三間堂から、徒歩で東山七条バス停へ行きます

三十三間堂を出たら、北方向に進みます。

下の写真で言うと、右方向が北方向になります。

左折して1つ目の信号右折します。

そして、突き当りを右折すると、
すぐに東山七条バス停が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

東山七条バス停から、東福寺バス停へ行きます

東山七条バス停から、
京都市営バス 202号系統(東福寺・西大路駅前九条車庫前行き)に乗り、
3停留所目の東福寺バス停で下車します。

 

東山七条バス停から、東福寺バス停までの所要時間は、
約3分になります。
運賃は、230円になります。
バスは、1時間に約6本あります。

 

もしくは、
東山七条バス停から、
京都市営バス 207号系統(東福寺・東寺東門前方面き)に乗り、
3停留所目の東福寺バス停で下車します。

 

東山七条バス停から、東福寺バス停までの所要時間は、
約4分になります。
運賃は、230円になります。
バスは、1時間に約6本あります。

 

 

東福寺バス停から、徒歩で東福寺へ行きます

東福寺バス停から、
西方向に進みます。

下の写真で言うと、右方向が西方向になります。

 

約50m先の信号を斜め左の側道方面に進んで行きます。
そして、突き当りを左折します。

約500mほど行くと、
左側に、東福寺中門が見えてきますよ。

東福寺バス停から、東福寺までは、
約700mとなり、徒歩で約10分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

 

三十三間堂から、東福寺への行き方について③ タクシーで行く方法

三十三間堂から、タクシーで東福寺へ行きます

三十三間堂の前の通りには、タクシーもよく見かけるので、
拾いやすいです。

三十三間堂から、東福寺までタクシーを利用した場合は、
所要時間は、約5分になります。
運賃は、約730円になります。

例えば、4人で利用すると、
1人当たり、約180円となり、
割とお得ですよ。

 

念のため、
三十三間堂周辺のタクシー会社を紹介します。

  • エムケイ株式会社(MKタクシー) 配車室TEL:0757784141
  • 帝産京都自動車株式会社 配車室TEL:0756611881
  • 株式会社エコロ21 TEL:0758032228

 

 

 

 

三十三間堂や東福寺の関連記事について

 

三十三間堂の関連記事は、
こちらで紹介しています。
三十三間堂の関連記事

 

東福寺の関連記事は、
こちらで紹介しています。
東福寺の関連記事について

 

 

京都府 京都・亀岡 地区の
その他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください。
京都・亀岡 地区の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

三十三間堂から、東福寺へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみてください。

 

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す