妙心寺から、二条城へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

妙心寺は、慶長4年の建立です。
境内で唯一の朱塗りの建物であります。
三門には、空、無相、無作と言う、
禅の境地による解説の意味が託されています。

また、二条城は、
日本庭園が素敵です。
家康や家光が作ったお城ですが、
もともとは、京都御所の守護と将軍の宿泊所として完成したものです。

そこで今回は、
妙心寺から、二条城へのアクセス方法について、
あらゆる行き方の中から、
お勧めのアクセス方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

はじめに

この記事では、
妙心寺から、二条城へのアクセス方法について、
紹介します。

妙心寺から、二条城へのアクセス方法は、
バスで行く方法と、
電車で行く方法と、
タクシーで行く方法があります。

バスで行く方法は、
一番おすすめの行き方で、
乗り換えなしで行けます。

電車で行く方法もお勧めです。

タクシーで行く方法は、
数人で行く場合はお勧めです。
例えば、4人で利用すると、
1人当たり、約300円になります。

 

また、この記事の最後には、
妙心寺や二条城の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

妙心寺について

妙心寺の営業案内について

営業案内

  • 所在地    〒616-8035  京都府京都市右京区花園妙心寺町1
  • 電話番号   075-461-5226
  • 拝観     3月~10月 9:10~16:40 20分間隔で拝観案内
    12時~13時は12時30分のみ
  •        11月~2月 9:10~15:40 20分間隔で拝観案内
    12時~13時は12時30分のみ

 

 

妙心寺の拝観料金について

拝観料金について

  • 大人500円
  • 中学生300円
  • 小学生100円
  • 団体割引:30名以上 大人450円、
  • 団体割引:30名以上 中学生270円

 

妙心寺の駐車場について
妙法寺の駐車場は、
1回700円です。

しかし、周辺には、
多数の格安コインパーキングがあります。
近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
妙心寺周辺の駐車場

 

 

妙心寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

妙心寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

次に、二条城について

二条城の営業案内

二条城の営業案内

  • 住所     〒604-8301 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
  • 電話番号   075-841-0096
  • FAX      075-802-6181
  • 公開     8:45~17:00  御殿は9:00~16:00
  • 駐車料金   入庫から120分まで/1,000円,以降60分/200円

 

 

二条城の駐車場について
二条城の専用駐車場は、
216台駐車することができます。

混み合う時期は、
すぐに満車になり、駐車場に止めることができません。

しかし、二条城には、格安のコインパーキングが多数あります。
近くから満車になっていくので、
予約して利用すると便利ですよ。
二条城周辺の駐車場

 

 

二条城の料金について

二条城の料金について

  • 一般     600円
  • 高校生    350円
  • 中学生    350円
  • 小人     200円
  • 小学生未満  無料

 

 

二条城の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

二条城周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

妙心寺から、二条城への行き方について① バスで行く方法

妙心寺から、徒歩で妙心寺北門前バス停へ行きます

妙心寺北門から出て、
右折します。

すると、すぐ左側に妙心寺北門前バス停が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

妙心寺北門前バス停から、堀川丸太町バス停へ行きます

妙心寺北門前バス停から、
京都市営バス 10号系統(四条河原町・三条京阪行き)に乗り、
12停留所目の堀川丸太町バス停で下車します。

 

妙心寺北門前バス停から、堀川丸太町バス停までの所要時間は、
約21分になります。
運賃は、230円になります。
バスは、1時間に約3本あります。

 

 

 

 

堀川丸太町バス停から、徒歩で二条城へ行きます

堀川丸太町バス停に着いたら、
東方向に進みます。
東方向は、バスの進行方向になります。

そして、すぐの信号を右折します。

約500mほど行くと、
右側に二条城が見えてきますよ。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

妙心寺から、二条城への行き方について② 電車で行く方法

妙心寺から、徒歩で花園駅へ行きます

妙心寺南総門から出て、
真っすぐ進みます。

約200mほど行くと、
左側に花園駅が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

花園駅から、二条駅へ行きます

花園駅から、
JR嵯峨野線 京都方面行きに乗り、
二条駅で下車します。

 

花園駅から、二条駅までの所要時間は、
約5分になります。
運賃は、140円になります。
電車は、1時間に約4本あります。

 

 

 

 

二条駅から、二条城前駅へ行きます

二条駅から、
京都市営地下鉄東西線 六地蔵・びわ湖浜大津方面行きに乗り、
二条城前駅で下車します。

 

二条駅から、二条城前駅までの所要時間は、
約2分になります。
運賃は、210円になります。
電車は、1時間に約12本あります。

 

 

 

 

二条城前駅から、徒歩で二条城へ行きます

二条城前駅には、
改札口が1つしかないので、
ここから出てください。

そして、左折して1番出口から出てください。

すると、目の前に二条城が見えているので、
迷うことはないと思います。

二条城前駅から、徒歩で二条城までは、
約200mとなり、徒歩で約2分になります。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

妙心寺から、二条城への行き方について③ 電車で行く方法②

妙心寺から、徒歩で花園駅へ行きます

妙心寺南総門から出て、
真っすぐ進みます。

約200mほど行くと、
左側に花園駅が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

花園駅から、二条駅へ行きます

花園駅から、
JR嵯峨野線 京都方面行きに乗り、
二条駅で下車します。

 

花園駅から、二条駅までの所要時間は、
約5分になります。
運賃は、140円になります。
電車は、1時間に約4本あります。

 

 

 

 

二条駅から、徒歩で二条城へ行きます

二条駅に着いたら、東口から出てください。

そして、真っすぐ一直線に進みます。
約1.0km先の堀川御池の信号を左折すると、
すぐに二条城が見えてきます。

 

二条駅から、二条城までは、
約1.4kmとなり、徒歩で約14分になります。

 

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

 

 

妙心寺から、二条城への行き方について④ タクシーで行く方法

妙心寺から、タクシーで二条城へ行きます

妙心寺から、タクシーで二条城に行くと、
所要時間は約12分になります。
運賃は、約1270円になります。

 

例えば、4人で利用すると、
1人当たり、約300円になります。
割と安いですね。

 

 

妙心寺周辺のタクシー会社

  • 帝産京都自動車株式会社 – 配車室TEL:0756611881
  • 京都相互タクシー株式会社 – 配車室TEL:0758623000
  • キャビックタクシー – 配車室TEL:0758642100

 

 

 

 

 

妙心寺や二条城の関連記事について

 

 

妙心寺の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください。
妙心寺の関連記事について

 

二条城の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください。
二条城の関連記事について
 

 

まとめ

妙心寺から、二条城へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す