大覚寺から、嵐山へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

大覚寺は、
嵯峨天皇の別邸ともいわれ御所風の雅な建築と、
四季の花々が美しいのが大好きで、
写経をしに何度もうかがっています。
秋は嵯峨菊の展示会で御所内が賑わいます。

また、嵐山は京都を代表する観光地で、
意外に近いです。

そこで今回は、
大覚寺から、嵐山へのアクセス方法について、
あらゆる行き方の中から、
お勧めのアクセス方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

はじめに

この記事は、
大覚寺から、嵐山へのアクセス方法について、
紹介します。

大覚寺から、嵐山へのアクセス方法は、
バスで行く方法と、
タクシーで行く方法があります。

バスで行く方法は、
乗り換えなしで行けるので、
お勧めです。

タクシーで行く方法は、
数人で行く場合はお勧めです。
例えば、4人で利用すると、
1人当たり、約220円になります。

 

また、この記事の最後には、
大覚寺や嵐山の関連記事も紹介していますので、
是非、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

大覚寺について

営業案内について

営業案内

  • 所在地    〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
  • 電話番号   075-871-0071
  • 拝観時間   午前9時〜午後5時(受付は午後4時30分まで)
  • 駐車場    自家用車50台(2時間:500円)

 

 

大覚寺の駐車場について
大覚寺の駐車場は、
50台しか駐車できません。

しかし、周辺には多数のコインパーキングがあります。
近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
大覚寺周辺の駐車場

 

 

 

拝観料金について

拝観料金について

  • 大 人:500円
  • 小中高:300円

 

 

大覚寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

大覚寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

大覚寺から、嵐山への行き方について① タクシーで行く方法

大覚寺から、大覚寺バス停へ行きます

大覚寺から出て、南方向に進みます。

下の写真で言うと、
下方向が南方向になります。

 

すると、すぐ大覚寺バス停が見えてきます。

 

念のため、
地図を載せておきます。

 

 

阪急旅マガに登録して、
旅行に関する豪華賞品がが当たります。
阪急交通社 キャンペーン

 

 

 

大覚寺バス停から、阪急嵐山駅前バス停へ行きます

大覚寺バス停から、
京都市営バス 28号系統(京都駅前行き)に乗り、
阪急嵐山駅前バス停で下車します。

 

大覚寺バス停から、阪急嵐山駅前バス停までの所要時間は、
約11分になります。
運賃は、230円になります。
バスは、1時間に約3本あります。

 

 

 

 

 

大覚寺から、嵐山への行き方について② タクシーで行く方法

大覚寺から、タクシーで嵐山に行きます

大覚寺から、タクシーで嵐山に行くと、
所要時間は約7分になります。
運賃は、約910円になります。

 

例えば、4人で利用すると、
1人当たり、約220円になります。
割と安いですね。

 

 

 

大覚寺周辺のタクシー会社

  • 京都相互タクシー株式会社 – 配車室TEL:0758623000
  • キャビックタクシー – 配車室TEL:0758642100
  • エムケイ株式会社  配車室TEL:0757784141

 

 

 

 

 

大覚寺や嵐山の関連記事について

 

 

大覚寺の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください。
大覚寺の関連記事について

 

嵐山の関連記事については、
こちらの記事をご覧ください。
嵐山の関連記事について

 

 

京都府 京都・亀岡 地区の
その他の観光スポットについては、
こちらの記事をご覧ください。
京都・亀岡 地区の観光スポットについて

 

 

 

 

まとめ

大覚寺から、嵐山へのアクセス方法について、
紹介しました。

参考にしてみて下さい。

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す