清水寺の拝観料について できるだけ安く利用するには? お得な方法を紹介します

清水寺の拝観料は、
大人でも400円とそんなに高くありません。

しかし、少しでも安くなるのなら、
嬉しいですよね。

実は、清水寺は拝観料を安く割り引いてもらえる、
方法もあります。

そこで今回は、
お得に割引きする方法を徹底的に調べてみましたので、
ここで紹介しちゃいます。

 

 

スポンサードリンク




 

清水寺について

清水寺の営業案内

  • 住所     〒605-0862  京都府京都市東山区清水一丁目294
  • 電話番号   075-551-1234
  • 公開時間   6:00~18:00 夏場は6:00~18:30
  • 駐車料金   バス2,500円・普通車1,000円・自動二輪400円・
  • 駐車料金   自転車200円(一日1回につき)
  • 駐車可能台数 バス55台・普通車59台

 

 

清水寺の裏技①
清水寺の専用駐駐車場は、
普通車59台停めれます。
駐車料金は、1000円となります。
ただし、すぐに満車になってしまいます。
清水寺周辺には、コインパーキングもあります。
近くから満車になっていきますので、
予約して利用すると便利ですよ。
清水寺周辺の駐車場

 

 

 

 

清水寺の拝観料について

清水寺の拝観料について(本堂・舞台)

  • 大人   400円
  • 大学生  400円
  • 高校生  400円
  • 中学生  200円
  • 小学生  200円
  • 障害者  予約無料

 

 

清水寺の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

清水寺周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
清水寺周辺のホテルや宿(宿泊施設)について アクセスに便利なおすすめのホテルを紹介します

 

 

 

スポンサードリンク




 

清水寺の割引情報について

駐車料金を安く利用する(お勧めです)

清水寺の駐車場の料金は、
普通車で1000円です。

参拝するのに、そんなに時間もかからないのに、
1000円って高くないですか?

しかも、すぐに満車になり、
駐車場待ちも発生します。

 

近隣のコインパーキングを利用すると、
最安値で、15分33円と言うのもありました。

しかも、予約ができるので、
待ち時間もなく、確実に駐車できます。

車で行く機会があれば、
一度チェックしてみて下さい。
清水寺周辺の駐車場

 

※私が調べた時点の情報です。
料金が変更になっている場合もあります。

 

 

お勧めの、京都府の体験旅行です。
参考にどうぞ。
京都府の近鉄旅行体験プログラム一覧

 

 

障がい者割引を利用する

清水寺には、障がい者割引が存在します。

障害者手帳や療育手帳を持っている方は、
受付窓口に提出すると、拝観料を減免してくれます。

障害者手帳や療育手帳を持っている方は、
必ず持参しましょう。

 

 

 

 

修学旅行などの公式事業は、先生方が割引を受けれます

学校の修学旅行など、
清水寺に行く学校が多いですよね。

その時に、学校などの教育機関の公式行事で同行する先生方は、
拝観料を免除してもらえます。

こちらも、受付窓口に身分証等の提示が必要なので、
忘れずに持参しましょう。

 

 

 

 

主要駅から、清水寺への行き方について

京都駅から、清水寺への行き方について

東福寺から清水寺へのアクセス(行き方)

大阪駅から清水寺へのアクセス(行き方)

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

清水寺はの割引制度は、
ほとんどありませんでしたが、
駐車場など、知っている人は、
時間もお金も節約できますよ。

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す