豊国神社の御朱印や見どころについて 詳しく紹介します

豊国神社は、豊臣秀吉を祀る神社です。
豊臣秀吉といえば、誰もが知っていますよね。

徳川家康によって取り壊された遺構は、
明治時代に再建されました。

もちろんここでも御朱印がもらえます。

そこで今回は、
豊国神社の御朱印や見どころについて、
詳しく紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

はじめに

この記事では、
豊国神社の御朱印や見どころいついて、
紹介しています。

この記事をご覧になっているということは、
豊国神社について、
興味を持たれているのだと思います。

そこで、この記事の最後では、
豊国神社の関連記事についても紹介していますので、
是非、参考にしてみてください。

 

 

 

豊国神社について

豊国神社の営業案内

豊国神社の営業案内

  • 住所      〒605-0931  京都府京都市東山区茶屋町530
  • TEL       075-561-3802
  • 開催期間    9:00~16:30
  • 駐車場     20 台 参拝客は無料

 

 

豊国神社の駐車場について
豊国神社の駐車場、無料ですが、
20台しか駐車スペースがありません。

これは、参拝客に対して余りにも少なく、
ほとんど駐車できません。

しかし、豊国神社周辺には、
多数のコインパーキングがあります。
近くから満車になっていきますので、
事前に予約しておくと便利ですよ。
豊国神社周辺の駐車場

 

 

拝観料について

拝観料について

  • 境内自由(宝物館は有料)

 

 

豊国神社の動画です。
どんなところなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

豊国神社周辺の宿泊施設で
最も人気があるのが、以下の宿泊施設になります。

 

 

ホテルの宿泊料金を節約するポイント
Booking.comカードってご存知ですか?
このカードで宿泊代を支払うと、
世界中どこでも宿泊代金10%OFF!!
レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの、
無料特典を利用できます
年会費無料 Booking.comカード

 

 

スポンサードリンク




 

豊国神社の御朱印や見どころについて

通常の御朱印が頂けます

豊国神社では、
通常の御朱印が頂けます。

これは、いつ参拝しても頂くことができますよ。

上のスタンプは、豊臣秀吉の家紋の「五七の桐」です。

そして、中央に「出世開運 豐國神社」
と書かれています。
農民から天下人にまで昇りつめた、
秀吉にあやかりたいですね。

 

 

 

 

限定の御朱印が頂けます

豊臣秀吉の命日は、
1598年9月18日です。

限定の御朱印は、
正月三が日と、秀吉の命日である、
毎月18日限定で頂けます。

こちらは、かなり人気があるので、
すぐに完売するのだとか。

 

 

骨喰藤四郎の御朱印が頂けます

豊国神社では、
骨喰藤四郎の御朱印が頂けます。
これは、期間限定らしいですよ。

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

観光客が少なく、じっくりと見れます

有名観光地なのですが、
あまり人がいません。

しかも、朝一がお勧めです。

近くの宿に泊まって、
早朝散歩がてらブラブラするのが、
一番ゆっくり鑑賞できますよ。

 

 

 

 

豊国神社の唐門の迫力がすごい

立派な飾りがついた豊国神社の唐門は、
迫力もあって感動します。

門の前では、たくさんの人が写真撮影をしています。

有名な方広寺の鐘があって、
歴史ファンにとってはたまらないところです。

 

 

 

 

豊国神社の関連記事について

 

京都駅から、豊国神社へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

豊国神社の御朱印や見どころについて 詳しく紹介します

豊国神社から、清水寺へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

豊国神社から、粟田神社へのアクセス おすすめの行き方を紹介します

 

その他の、豊国神社の関連記事は、
こちらをご覧ください。
豊国神社の関連記事について

 

 

 

 

まとめ

豊国神社の御朱印や見どころについて、
紹介しました。

参考にしてみてください。

 

京都府のお土産ランキング!!
最も人気があるのが、以下のお土産になります。
※旅行を思う存分楽しむには、
お土産は、出発前に自宅でゆっくり選び、
旅行中の時間が有意義に過ごすのがポイントですよ。

  • 第1位 おたべ
  • 第2位 生八つ橋
  • 第3位 京のヴァッフェル

京都府のお土産一覧

 

 

関西の主要駅から、目的地への検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク
 

コメントを残す